ニキビに効くと言われれば何でもやっていました

ニキビ14
だいたい、小学校の高学年から中学校に入った頃から顔中が脂ぎってきて、それから、毛穴が開いているのが目立ち始めて小さなニキビがポツポツと出来始めたのが、思春期ニキビの始まりでした。

 

最初はそんなに気になりませんでしたが、キレイな肌の人と比べると自分の肌はきめが粗く汚い感じだと感じ始めてスキンケアをしっかりとやり始めました。

 

でも、最初はどうしていいのか分からいのでドラッグストアにたまたま売っていた毛穴に詰まった皮脂を取る道具を見つけて、それを購入し毛穴や小さいニキビの部分の毛穴の皮脂を一生懸命取っていたら、そこの部分だけとても目立ってしまい、ニキビよりも赤みが酷くなって治るどころか、余計に酷くなってしまいました。
ニキビ13
後で、雑誌のニキビ特集で見たらニキビを潰すと普通に出来ているより三倍の酷さになるので、絶対に潰さない方が良いと書いてあったので、それからは気を付けるようになりました。

 

でも、ニキビができている肌はとても汚く見え不潔なだと思ったので、洗顔の回数が足りないのかなと思った事もあり、洗顔をする回数を増やした事がありました。普段の二倍くらいは洗顔をしていましたが、ニキビは一向に良くならなくて、友人にその事を言ってみると、洗顔回数を増やすと余計に皮脂が出てしまって良くないと言われました。
ニキビ15
自分では良いと思っていた事がダメなパターンが多くて一生懸命ニキビケアをしても、キレイになかなかなれずにいたので、かなり辛かったです。

 

それでもめげずに、良いと言われる事はやってきました。今度は母からドクダミ茶が良いと言われ身体の毒素が出そうだなと思い苦手な味でしたが、しばらく家での飲み物はドクダミ茶で過ごしていました。
あと、ドクダミ茶をコットンに浸して、それを顔に付けてパックにしていましたが、飲んでもパックも効果はなく、思春期ニキビから免れる事は出来ませんでした。