ニキビを治す 効果的な2つの方法

長年、繰り返すニキビにお悩みの方とても多いと思います。
清潔にすることを心掛けているし、洗顔の洗い残しがないように気を付けてもいる・・・。
それなのになぜ?
そんなニキビにお悩みの方にお勧めの治し方を2つお伝えしたいと思います。

 

胃腸の調子を整え、不要な物をデトックスさせる

お肌の外から、いくらニキビに効果的なお化粧水や美容液を塗っても胃腸の状態がよくないと、ニキビが消えることはありません。
そこでおススメなのが、ひまし油湿布。フランネルにひまし油を垂らし、それをお腹にあてて温めるというもの。ひまし油湿布をして1時間ほど横になりリラックスしましょう。
ニキビ16
身体の芯から温まり、吸収されたひまし油が胃腸に限らず体全体の不要な物を排出してくれます。
あとは食べる物。バランスよく食べるのは当然のことですが、あと一つ大切なことは食べ過ぎないことです。
腹八分を超えてしまうと胃に負担がかかり、胃に炎症が起きるとおでこや顎にニキビが出来るからです。
なるべく、胃腸に負担の少ない食事を心掛けるようにしましょう。
スキンケアはそれからです。

 

とにかくお肌に潤いを与えること

ニキビが出来ると、油が沢山出ているので洗顔は念入りにしても、スキンケアは控えめにしている方が多いと思いますが、乾燥すればするほど角質が固くなり毛穴も詰まりやすくなるのです。
角質が固くなってしうと、お肌が正常に生まれ変わらなくなってしまうためニキビの治りも遅くなります。
ですので、まず洗顔が終わったらすぐにたっぷりの水分を与えてあげましょう。
お肌が化粧水を吸収しなくなるまで何度も与えてあげるのです。
ニキビ17
そして化粧水のあと鎮静効果、殺菌効果、抗酸化作用のあるココナッツオイルを薄く伸ばしてください。ココナッツオイルはとても低刺激なので敏感肌の方でもご使用いただけます。
スキンケアは以上です。
美容液など色々な栄養を与えてしまうと、どうしても毛穴は詰まりやすくなりますのでシンプルで低刺激なスキンケアを心掛けてください。

 

今お伝えしたこの2つのことをお試しいただくだけで、ニキビにとても効果的です。
ぜひお試しください。