思春期ニキビに効果のある食品

思春期になると誰にでも悩み事が起きてしまいます。
そんな中で顔中に発症してくるニキビは女子だけではなく男子にとっても深刻な悩みとなってきます。
そんな思春期ニキビは食品で改善する事が出来るのです。
思春期ニキビに効果のある食品について掲載していきます。コスパ最強!ハトムギの洗顔グッズでスベスベ素肌

 

まずレバーです。

ニキビ18
好き嫌いが別れてしまう食品の1つであるレバーにはビタミンAが豊富に含まれています。
ビタミンAは新しい皮膚組織を作り出す働きがあります。
ニキビの大きな原因は皮膚に付着している汚れによるものです。
ビタミンAを摂取する事で新しい皮膚が作りだされ、古い皮膚を剥がす役目があるので顔の皮膚をキレイな状態で保ってくれるのです。

 

次に青魚です。

ニキビ19
思春期の若い時代は魚よりも肉を好んで食べる為、コレステロールや脂肪分の摂取量が過多になってしまいやすくなります。
サンマやイワシ等の青魚にはオメガ3脂肪酸という成分が豊富に含まれています。
このオメガ3脂肪酸は体内に蓄積された脂質を分解する働きがあります。
ニキビは体内に蓄積された脂質が原因の1つになってしまうので、青魚を摂取する事で予防へと繋がってきます。

 

次に柑橘系です。

ニキビ20
特にビタミンCが豊富なレモンの摂取が効果があります。
ビタミンCは強い抗酸化作用がある為、細菌の繁殖を予防する効果もあり毛穴から入り込んだ細菌と戦う役目があります。
また皮膚の潤いやツヤを与えてくれる効果もあり、ニキビを発症させない皮膚作りに必要不可欠な成分となっています。
またレモンは体内摂取だけの効果だけではないのです。
スライスしたレモンをニキビがある部分に貼り付ける事で炎症を抑えたり、残ってしまったニキビ跡を薄くする効果もあるのです。
レモンの成分は皮膚から直に浸透していく程の強さとなっているのです。
思春期ニキビは食品で予防する事が出来るので、積極的に摂取する事が重要です。