気になる思春期ニキビの原因と予防

10代も中頃になると顔中に出てくるニキビが悩みの種になってしまいます。
特に女子にとってはニキビを隠す為に髪を下したりして必死にかくしたくなる程深刻な問題に繋がってしまいます。
そんな思春期ニキビの原因と予防について掲載していきます。

 

まず汗によるものです。

ニキビ24
特に運動部に属している方であるならば汗がかきやすい環境になってしまいます。
汗をかいて放置しておくと汗に含まれている細菌が毛穴から侵入してしまい毛穴を詰まらせる原因となりニキビが発症してしまいます。
予防策としては汗をかいたら水でも良いのでしっかりと洗顔を行う事で予防へと繋がっていきます。

 

次に食事によるものです。

学生時代は学校帰りに友達とファーストフードを食べたり、甘いスイーツを食べる時間が増えてしまいます。
その為夕食時を摂らない偏った食生活になってしまいやすくなります。
栄養のバランスの偏りも問題なのですが、ファーストフードやスイーツには大量の油脂分や糖分が含まれています。
これらは体内に吸収されると分解されるのですが、分解出来る量にも限度があり、これを上回ってしまうと分解されなかった量は脂質へと変化し、蓄積されてしまいます。
ニキビ25
蓄積された脂質は皮脂へと変化し皮膚表面に現れてしまいニキビへとなってしまいます。
予防策としてはバランスの摂れた食事をしっかりと摂取し、油脂分や糖分を控えた間食を摂る事です。

 

次にストレスを溜めない事です。

ニキビ26
思春期は学校やプライベート等のさまざまな事で悩んでしまいストレスを感じてしまう時期です。
悩みを感じると体内では脂肪酸が分泌されます。脂肪酸が脂質へと変化し皮脂として皮膚表面に現れてしまいます。
悩み事は独りで抱えず、両親や友達と相談しストレスを溜めない環境を作る事が予防策となってきます。
思春期ニキビはなかなか直らないイヤなニキビとなっているのでしっかりと予防する事が大切です。